島のきずな便(買物支援&見守り事業)

商品配達の様子
商品配達の様子

 笠岡諸島の高齢化は、陸地部以上に加速度的に進んでおり、高齢者世帯や独居老人が増えています。
また、島内の商店主も高齢化が進んでおり、過疎化と相まって経営も厳しい状況に陥っています。

 そのため平成25年8月から、豊浦地区をモデル地区に国・県の補助を受けながら、島内の商店と共存共栄の精神の下に買物支援事業「島のきずな便」を始めました。注文された商品は、週2回(※開始当時。現在は週1回)イオン倉敷店から郵送で北木島の配達拠点までまとめて配送され、その届いた商品を各家庭に向けて職員が仕分け、車や船などを使い自宅まで配達しています。この「自宅まで宅配する」買物支援事業は、地域の見守りも兼ねており、そうした意味や想いも込めて「島のきずな便」という名前にしています。


 利用者の方々からは

「重いものや、かさ張るものを船に乗って買うことは大変だったが、きずな便を利用する事で助かっている」

「家まで配達してくれるので安心して買い物ができるし、話し相手にもなってくれる」

といったご感想を頂いてます。 

 

 平成26年12月からは、笠岡諸島最南端・六島でも事業をスタートしました。それぞれの島によって地理的条件など異なり、同条件での展開などは難しいのですが、今後も各島の方々と力を合わせ、島で暮らし続ける仕組みの維持のため、事業に取り組んで参ります。  

商品仕分けの様子
商品仕分けの様子
六島・湛江地区の配達風景
六島・湛江地区の配達風景